シーズンオフのケア


制服を長期間着なくなるシーズンオフは、普段できないお手入れをする機会です!

普段気にして見ていないところに、汚れがたまっていたり、ほころんでいたりしていることも・・・

この機会に、一度制服のメンテナンスをしてみましょう!

 

制服をしまう前に、お洗濯またはクリーニングをしましょう。

 布地には、目に見えない汚れやホコリが入り込んでいることが

 あります。

 そのまましまってしまうと、思わぬカビや虫食いの原因になります。

 衣替えの時に、なんだこりゃ!とならないように、

 お洗濯またはクリーニングに出してからしまいましょう。 

 

 

 

1年に1回、撥水加工をオススメします。

 ナゴヤ学生服で購入いただいた制服のほとんどに撥水加工がしてあります。
 撥水加工をすることで、雨などの水滴をガードして弾いてくれます。

 空気や熱を通しやすくするので、長時間椅子に座っていても蒸れにくくなります。

 また、油汚れや花粉に対しても効果があるので、制服が長持ちします。

 着ているうちに効き目が弱まっていくので、年に1度撥水依加工をすることで効き目も長持ちします。

 制服だけでなく、コートや着用数の少ない礼服などの衣類にもオススメです。

 

 

 

お洗濯クリーニングに出す前にチェック!

 ポケットの中に、ハンカチやティッシュペーパー、小銭など入れたままにしていませんか?

 お洗濯またはクリーニングに出す前には、中のものは必ず出しましょう。

 また、ボタンやホックが外れていませんか?破れているところや、布が薄くなっているとこがないか

 チェックしてからお洗濯またはクリーニングに出しましょう。